京セラの印刷機器のトナーについて

subpage1

京セラの印刷機器は、高機能で印刷クオリティが高いことから多くの方に利用されています。


初期導入の際には、一般的には純正のインクトナーがセットされていますが、インク残量が減ってきた場合はリサイクルトナーを利用してみてはいかがでしょうか。

京セラの印刷機器は、新品で購入した場合でもリースで利用した場合でも、インクトナーは消耗品となりますのでコストがかさみます。



1枚印刷するのにかかるコストをできるだけ安くするのであれば、リサイクル品を使用したほうが格段にコストを下げることができます。
リサイクル品と聞くと、印刷品質が悪いのではないかと考える方もいるかもしれませんが、印刷品質にほとんど差はありません。


特にオフィスの場合ですと一日に大量に印刷機能を使用する機会も少なくありません。


そのような場合、消耗品であるインクにかかるコストを下げることは、経費の節約になるため経営上の大きなメリットになるといえます。


京セラのリサイクルトナーはインターネット上で多くのショップが取り扱っており、すでに高い人気を得ています。



人気のリサイクルトナーを扱うショップがいくつかありますので、その中から使用している機種に合った商品を選ぶと良いでしょう。

各ショップによってサービスには違いがありますが、送料が無料であったり使わなくなったインクカートリッジを無料で回収してもらえるところは人気があります。
サポート体制がしっかりしているショップも高い支持を得ています。

日本経済新聞情報がリニューアルしました。